20th 2012f 12月 2012

Posted in: その他

今回は、会社設立の賢い方法についてお伝えします。
会社設立とは、会社を設立するために必要な書類作成や手続き、設立登記を代行するサービスです。
会社設立にはさまざまなタイプがあり、主に行政手続き関係が主体となる業務であり、法務局への書類提出以外の工程を代行することが可能である行政書士系業者や、税務に関する業務をメインとしており、行政書士の登録を行っている場合に限り、法務局への書類提出以外の工程を代行することが可能である税理士系業者などがあります。
訪問できる場所にある代行業者を選ぶことで、会社設立後に相談する場合、会って話をすることが可能ですし、また、同年代の専門家を選ぶことで、同年代だと話がしやすく、年齢差による力関係を生じさせにくいです。
主に契約する際の注目こととしては、代行業を掲げていても法律の専門家がいない場合も多いですので専門家が在籍しているかどうか調べておくとよいですね。
さらに、代行を頼むのが遅くなり開業予定日より遅れる可能性もあるので、早い段階で、代行を依頼する信頼できる代行業者を決めておくとよいでしょう。
会社設立は、大きな事業組織に成長させたいという人には特に推奨できますが、手続きが進められませんから、印鑑など、必要なものを用意しておかないことはあまり推薦できません。

これで完璧!会社設立基礎知識
法人化の必要性、佐藤栄作行政書士事務所 、注意点ならこれで完璧!会社設立基礎知識

Tags: